戸建ての玄関廻りとお庭を南国リゾート風デザインにリフォーム(横浜市)

今回は横浜市にお住いのお客様からのご要望で、築数年経過した戸建てのお家の玄関廻りとお庭のデザインをリフォームしました。お住いになってから、手付かずだった外構全体を海が好きな奥様のイメージで、リゾート地に居るような雰囲気にリフォーム出来たら。。。そんなご希望を叶えられるよう、設計デザインを考えました。

工事前は、必要最低限の外構で、家廻りは殆どが手付かずの状態でした。

デザインとなるベースは、ブロックや枠などで、形を創りあげていきます。ここは職人さんのセンスも非常に大事です。

道路側から眺めた建物の外観と玄関までの通路です。

元々あったフェンス下のベージュの壁は、真っ白の壁にし、凹凸のある塗り方パターンで個性的に。さらにフェンスは、白の中にブルーグレーを1枚入れて変化を付けました。

コンクリートだった階段は白の木目調タイルで鮮やかに、通路の床は、大きさの異なるタイルを組合せた上にデザインタイルでアクセントを施しました。

 

玄関ドアを開けた正面の壁です。高くなっている隣地の塀が見えないように大きめのサイズにしました。塀は厚みの違うブロックで凹凸を創り、凹み部分に沖縄の琉球石を貼りました。下部の床には埋め込みダウンライトを設置し夜の眺めもステキです。

お庭のテラスです。床は大きめのタイルと階段に使用した木目調タイルを貼りました。正面壁は、元々あったメッシュフェンスを取り外し、目線の高さまで白い塗り壁と琉球石で豪華なリゾートの雰囲気に。

こだわりの造作の立水栓です。排水皿はレトロな雰囲気の石を貼り、廻りは特殊な左官仕上げで個性的な水廻りが出来上がりました。

全体的に、白を基調としたリゾートスタイルの外構が完成しました。

お客様とデザイン担当のこだわりが、他にはないオンリーワンのエクステリアとなり、大変ご満足頂けました。

カテゴリー: BLOG